Whois情報公開代行 用語集

Whois情報公開代行とは?

投稿日:

web-Wacky Pedia

Whois情報公開代行とは?

ブログやサイトを作成する上で、

避けて通れないのがドメイン取得

ドメインを取るに当たって

Whois」の情報公開代行は

必要不可欠ですね。

簡単に言えばこのWhoisの情報公開代行を

忘れると!

登録者の個人情報が

ダダ洩れになってしまいます💦

Whoisとは

IPアドレスやドメイン名の登録者などに関する情報を、インターネットユーザーが誰でも参照できるサービスです。

このサービスは、主に以下の目的でレジストリやレジストラが提供しています。

・ネットワークの安定的運用を実施する
 上で、技術的な問題発生の際の連絡の
 ために必要な情報を提供。
・ドメイン名の申請・届け出時に、
 同一ドメイン名や類似ドメイン名の存在を
 確認するために必要な情報を提供
・ドメイン名と商標などに関するトラブルの
 自律的な解決のために必要な情報を提供

Whoisで提供される情報

・登録ドメイン名
・レジストラ名
・登録ドメイン名のプライマリおよび
 セカンダリネームサーバ
・ドメイン名の登録年月日
・ドメイン名の有効期限
・ドメイン名登録者の名前および住所
・技術的な連絡の担当者の名前、住所、
 電子メールアドレス、電話番号
・登録に関する連絡の担当者の名前、住所、
 電子メールアドレス、電話番号
 JPドメイン名のWhois(JPRS WHOIS)
では、次の情報を提供しています。

・登録ドメイン名
・登録ドメイン名のネームサーバ
・ドメイン名の登録年月日
・ドメイン名の有効期限
 ドメイン名登録者の名前
(ne.jpドメイン名については
ネットワークサービスの名前)

・技術的な連絡の担当者の名前、
 所属組織名、電子メールアドレス、
 電話番号
 属性型・地域型JPドメイン名の場合
・登録に関する連絡の担当者の名前、
 所属組織名、電子メールアドレス
 属性型・地域型JPドメイン名の場合
・登録者への連絡窓口担当者の名前、
 電子メールアドレス、電話番号、
 Web Page*、住所*
 汎用JPドメイン名の場合
*付きの項目は任意項目です。

Whois情報公開代行

・上記までの説明で、とかくWhois公開代行
 の必要性がお分かりいただけたかと
 思います。

私の場合はドメインを取得するにあたって、お名前.COMをよく利用致します。

お名前.COMではドメイン取得時に、このWhois公開代行が無料でおこなえます。

が、しかし

私は過去このWhois公開代行の登録をドメイン取得時に幾度となく何度も登録忘れをしてしまいました

ようするにアホなのですね。

ドメイン取得時には無料でWhois公開代行ができるのですが!

忘れてしまい後からの手続きになると有料になってしまいます。

しかも毎年
といった感じなのでアナタは注意して忘れないように登録しましょうね。

-Whois情報公開代行, 用語集

Copyright© web用語集 Wacky -dictionary , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.